淋病検査

stdとは何でしょうか!?

stdとは何でしょうか!?

あなたは大丈夫?身近なところに潜んでいるSTD(性感染症)!

 

 

 

 

 

「自分にはSTD(性感染症)なんて関係ない」 と思っていませんか?

 

 

 

それは大きな認識の間違いです。
今では性交渉の相手を複数もっていることは、決して珍しいことではありません。

 

 

 

 

 

 

広がる感染そして治らないピンポン感染

 

 

 

 

  当たり前のことですが、
  STD(性感染症)は自分ひとりだけではなりません。

 

 

 

 

  必ず、感染の原因である相手が存在します。

 

 

 

 

  仮に、あなたにSTDの症状が出たとしましょう。
  あなたがすぐに病院に行って治療を受けたとしても、
  その後、同じ相手と関係を持てば、
  またあなたは感染してしまうことになります。

 

 

 

 

  これをピンポン感染といいます。

 

 

 

 

  ましてや複数の相手がいるとすれば、
  誰から感染させられたのかも分かりません。

 

  もちろん、その逆もありで、あなたが知らず知らずに、
  複数の相手を何度も感染させている場合もありえます。

 

 

 

 

  このように、感染が関係を持つ男女間を繰り返すため、
  いつまでたってもSTDは治りませんし、さらに他にも広がっていきます。

 

  これを避けるには、自分がSTDと診断された時は、
  必ず、思い当たる相手にも相談して、検査を受けてもらうことです。

 

  もう二度と会わない相手ならば、自分ひとりが治療をすれば済むことですが、
  継続して関係を持つ相手がいる場合は、必ず協力しあうことが不可欠です。

 

 

 

 

  このようにあなた自身が大丈夫でも、現在のパートナーは分かりません。
  ましてや過去なんて分かりませんよね。

 

  ですから、性交渉というものは、複数の相手と気軽にするものではなく、
  心から信頼できる相手とだけにしておくのが、最善です。

 

 

 

 

  しかし、現在では性の初体験も低年齢化してきました。

 

 

 

 

  大人であってもSTDの知識を知らない方が多数なのに、
  中学生、高校生となれば、さらに、知識が足りないのは当然です。

 

  まずは関係を持つ前に、性感染症の危険が、
  私たちのもっと身近なところに潜んでいるという意識を持つようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

  <<姉妹サイト>>

 

 

 

  カンジダかも?と思ったら、まずは検査を受けましょう!
   カンジダはカビの一種(真菌)が原因となり起こる病気であり、
   クラミジアなど、他STDとは少々性質が異なりますが、
   発症後、放置しているとやはり悪化する恐れが大いにあります。
   カンジダかも?と思ったら、すぐに、検査を受けましょう!

 

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ